売れるセールスマンになる為に本当にやらなければいけないこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、売れるセールスマンになる為に本当にやらなければいけないことって何だと思いますか?

・商品知識を身につける

・接客スキルを身に付ける

・顧客開拓をする

・マナー、言葉遣いを身に付ける

など、様々なことが考えられますよね。

これらは、セールスで言うところの『専門性』にあたり、売れるセールスマンになる為の2大要素のひとつです。

これは、これで重要なのですが、売れるセールスマンになる為に、実は、もうひとつ重要な要素があります。

 

何だと思いますか?

 

それは『人間性を磨く』ということです。

 

例えば自分が、車を購入する為ににショールームに行き、営業マンから接客を受けたとします。

席に案内されて、出てきた営業マンが、ウェルカム感も、笑顔もなく、いきなり通り一遍な商品説明をされて、何故かそこだけ流暢なクロージングをされたら買いますか?

まず、買いませんよね。

次に行ったところで、車オタクのような営業マンで、商品知識はメチャクチャあって、こちらの質問には全て答えられるけど、コミュニケーション能力が全く無くて、会話も弾まないし、こちらが聞かないと教えてくれない営業マンから買いますか?

買いませんよね。

 

これらは、実際に私が経験した事例ですが、結局は彼らからは購入しませんでした。

 

結局、『専門性』のところだけ磨いてもお客様は買わないのです。

 

そして次に行った店では、まだ新人で知識はあまり無いけれど、私の事に対して親身になって相談に乗ってくれて、分からないことがあっても、すぐに事務所に戻りそれを調べて丁寧に教えてくれて、誠実で好印象のスタッフに接客してもらいました。

結局、私は彼から購入しました。

 

何が言いたいかというと、今のセールスマンの教育やスキルアップの意識は『専門性』を高めることばかりに集中していて、もうひとつの大切な『人間性』を高めることに対しては何もしていないということです。

『人間性を高める要素』は、

・お客様とのコミュニケーション

・お客様との信頼関係

・第一印象

・気遣い、おもてなし

・他者貢献意識

などが挙げられます。

これらは全て『ホスピタリティ』が大きく関係しており、『顧客の喜びの為に自分が主体的に貢献すること』を意味します。

我々が日々生活する中で、セールスを受けることは沢山ありますが、セールスマンの自分都合で一方的な押し付けセールスが横行しているのが現実であり、それに気づかずにいるセールスマンが多いことも現実です。

これからの時代は、モノは溢れ、商品の特徴や機能だけでは売れない時代です。

その商品をどうアピールするかということも大切ですが、セールススタッフが『自分も商品である』という意識を強く持ち、『目の前のお客様の為』という接客が前面に出ることで、『あなたから買いたい』と思われる相思相愛を招きます。

セールスは『専門性』と『人間性』を磨く必要があり、これからの時代は特に人間性を磨くことが重要である、それはつまり、自分自身のホスピタリティマインドを磨くことが重要なのです。

弊社が企画運営している『ホスピタリティ営業構築プログラム』では、セールススタッフあなた自身の人間性、魅力を高めて、圧倒的に売れるスタッフになる為のプログラムとなっております。

まずは、無料体験セミナーに是非ご参加ください。

 

ホスピタリティ営業構築プログラム・無料体験セミナー情報はこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください