誰かの口を借りて伝える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「○○さんが船坂さんのことを褒めていたよ。」

こんな事を言われることってありませんか?

相手が自分の事を直接褒めてくれているのも嬉しいのですが、

人伝いに自分のことを褒めてもらうことは、違った意味で嬉しさが増します。

これを「ウィンザー効果」と言います。

このウィンザー効果は、直接言われるよりも第三者から間接的に言われたほうが

信憑性・信頼性が増すという心理的効果です。

本人から直接褒められると、嬉しいと同時に「大げさに言ってくれてるのかな」

と感じたり、場合によっては「何か裏があるのかな?」と勘ぐったりする

こともありますよね。

ですが、第三者から「あの人があなたのこと褒めてたよ」って言われると、

なんだか素直に受け入れられるような気がします。

そして、誰かの口を借りて伝えると評価した人も、それを伝えた人も好印象になる

という効果もあります。

ウィンザー効果を意識することにより、良いコミュニケーションが増え、

人間関係、信頼関係の構築にも役立ちますよね。

「課長がこの前の件で、お前のこと褒めていたぞ!」

「みんな、最近君が頑張っているって言っているよ!」

「この前のお客様は、こんなに美味しい料理初めてと言ってくださいました!」

誰かの口を借りて伝える。

いいこといっぱいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください