2017年 12月 の投稿一覧

しあわせですか? PARTⅡ

前回、「しあわせ」か「不幸か」を決めているのは自分次第であり、

それには全ての事に「感謝」をすることでしあわせを感じられる

というお話しをさせていただきました。

 

多くの反響はあったので「しあわせですか?」第2弾です。

 

第2弾は「仕事におけるしあわせとは?」です。

皆さまにとって、仕事の時にしあわせを感じる時はどんな時ですか?

 

このような質問を研修やセミナーの際にすると、多くの方が、

「お客様が喜んでくださった時」

「お客様が笑顔になった時」

「お客様が自分に会いにきてくれた時」

などの答えが返ってきます。

 

ディズニーに、

「ゲストのハピネスがキャストのハピネスになる」

というビジョンがあります。

ゲスト=お客様

ハピネス=しあわせ

キャスト=従業員

つまり「お客様のしあわせが自分のしあわせになる」

ということです。

 

従って、自分たちが「しあわせ」になりたければ、

お客様を「しあわせ」にしなさい!

ということになります。

 

このようなビジョンがあるからこそ、ディズニーはホスピタリティ溢れた

サービスが提供されている理由の大きなひとつでもあると思います。

 

さて、自分たちの仕事に置き換えた時に、

皆さまはお客様のしあわせを第一に考えて仕事ができていますか?

どこか、その事を忘れて日々の仕事に忙殺されて、

「こなす」だけになっていませんか?

 

自分のしあわせはお客様に喜んでいただき、しあわせにすることである。

このことを念頭に置いて、日々の仕事に取り組めれば、

もっとお客様の喜びが増え、自分もしあわせを感じる瞬間が多く訪れる

はずですよね。

 

「自分のしあわせの為にお客様をしあわせにする」

 

がんばりましょう!

「しあわせ」について

以前、メールマガジンに配信した好評コラムをアップしています。

 

今回のテーマは「しあわせ」です。

「しあわせかどうか」は、人によってとらえ方も違いますし、

価値観によっても変わります。

 

「金銭的な裕福」を幸せと思う人も居るかもしれないし、

「健康であること」が幸せと思う人も居るでしょう。

 

ホスピタリティの研修で、

「あなたは幸せですか?」

「それを決めているのは誰ですか?」

という質問をします。

 

そうすると、しあわせを決めているのは「自分です!」

という答えが返ってきます。

 

そうです。

今の自分が「しあわせ」だと思えば幸せだし、

「不幸」と思えば不幸なのです。

つまり、自分次第ですよね。

 

境野勝悟さんの言葉で、

「幸せな人は感謝して生きることができる人」とあります。

いくらお金があっても、地位があっても感謝できない人は幸せになれない、

いくら貧しくても感謝の気持ちがあれば幸せになれるとのこと。

上司に叱られた時に「不満」に思うのか、「ありがたい」と感謝するのか、

そこに違いがあると思います。

 

そこで不服そうな顔をする部下と、感謝を伝える部下が居たら、

あなたが上司なら、どちらの部下に仕事を任せたいと思いますか?

社内において自分ひとりで仕事はできません。

 

同僚がいて、上司がいて、他部署があってはじめて自分の役割を全うできるのです。

営業が仕事を取ってきてくれるから現場は仕事があり、

現場があるから営業は仕事を受注できるのです。

 

そのことに感謝するのか、他部署に不満を募らせるのかは自分の捉え方次第であり、

みんなが感謝の気持ちを持って仕事ができれば、社内は明るく、

生産性も上がるはずです。

 

感謝の気持ちを持つことが、最終的に自分の幸せに繋がっていることを

忘れないようにしたいですね。