ホスピタリティを高めて新しい価値を生み出す 価値ホスピタリティで収益を倍増させる 5大戦略セミナーのご案内 Amazonキャンペーン 人を生かして勝ち抜く最強マネジメント戦略-ホスピタリティを現場に生かす30のチェック項目-
ホスピタリティでビジネスを成功に導くメールマガジンを
定期的に配信中。是非ご登録下さい!
ホスピタリティチーム経営塾
信州ウェディングプロデュース
信州まつもと研修センター
TOMORROW WEDDING by THE HOSPITALITY TEAM

ホスピタリティ経営とは?

企業経営において成果主義によるギスギスした社内の雰囲気、コストカットやリストラ等、厳しい競争環境が成果を求めるだけのマネジメントに拍車をかけており、それにより疲弊している現場も多く目にします。その結果、企業の様々な偽装や不正など顧客に対しての裏切り行為が後を絶ちません。

これからの企業経営で最終的に勝ち残る為には、そのような競争に勝つといった『相対価値』ではなく、世の為、人の為に自社がどうあるべきかの『絶対価値』の追求です。

『お客様や従業員の喜びや幸せの追求』の対価として企業に売上や利益を生む。

これこそが『ホスピタリティ経営』であり、21世紀最強の企業戦略です。

ホスピタリティは最強の経営戦略!

ホスピタリティをマネジメントに生かす4つのエッセンス

1. スタッフのマインドアップ

「相手の喜びが自分の喜び」であるホスピタリティの考え方はスタッフの自主性、自発性を高めます。仕事に置き換えれば、お客様に喜んでいただくことがスタッフ自身の喜びであり、お客様に喜んでいただく為に自発的に創意工夫をすることは、スタッフ自身のマインドアップやモチベーションの向上に繋がります。

2. 最強のチームを作る

最強のチームとはチームメンバー全員が一丸となって目的、目標に向かうチームです。その為にはメンバー全員の想いを共有し、自己中心ではなくメンバーの多様性を受け入れ、それぞれの役割を理解して、その責務を果たしていくことが必要となります。

その上でも「利己」ではなく「利他」を大切にするホスピタリティの考え方は重要となります。

3. お客様の満足を超えた感動の創造

成熟した社会において「お客様の期待に応える時代」から「お客様の期待を超える」接客やサービスが求められます。つまり「顧客満足」ではなく、それを超えた「顧客感動」が求められる時代です。

従って、お客様を一括りにして接客やサービスを提供するのではなく、一人ひとりのお客様の期待を知り、その期待を超えるサービスを提供することが求められます。

その上でお客様を第一に考えてもてなすホスピタリティの考え方は重要な役割を果たします。

4. 企業の社会的な責任を果たす

これからの時代は「自社だけ儲かればそれで良い」という考え方ではなく、「お客様」「スタッフ」「社会」の為に貢献してはじめて顧客との信頼関係が築け、自社が生かされ利益が得られるという企業の「あり方」が求められます。良い企業と良い社会の相関関係を築く上でもホスピタリティは大きな役割を果たします。

このようなことからホスピタリティをマネジメントに生かすことが、これからの時代を勝ち抜く上で最強の経営戦略であると確信すると共に、21世紀の成熟した社会の中でサービス産業が既に日本の中心産業である今、これからの日本の産業を支える上で重要な役割を果たします。
ホスピタリティチーム経営塾
信州ウェディングプロデュース
信州まつもと研修センター
TOMORROW WEDDING by THE HOSPITALITY TEAM